「ゼロ・ダーク・サーティ」(2017年7本目)

原題:ZERO DARK THIRTY
監督:キャスリン・ビグロー(ハート・ロッカー)
出演:ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク
製作:2012年 アメリカ
DISCASでレンタルしたBlu-rayで鑑賞。
劇場公開当時、高評価にも関わらず「長い」「シリアス」を理由にいまひとつ見ようという気になれなかった衝撃作をようやく鑑賞した。
厳しいテロとの戦い、成果の出ない仕事ぶりに見ているこちらまでジリジリしたり、絶望感に苛まれたりしながらも、ついにはあのラスト。達成感じゃなく、長くかかった仕事で一定の成果を得てようやく一息つけたという感じ。
傑作ならではなのだろうが、長さは感じなかった。
ジェシカ・チャスティンさん、やっぱり好きだな、と再認識した。
★★★★☆(星4つ)

3treeでランチ

(妻が)気に入っている3treeにランチしに行った。
僕はハワイアンガーリックシュリンプのセットにした。
DSC_0402_1

3TREE

食べログ3TREE

「ヒッチコック/トリュフォー」(2017年6本目)

原題:Hitchcock/Truffaut
監督:ケント・ジョーンズ
出演:アルフレッド・ヒッチコックフランソワ・トリュフォーマーティン・スコセッシ
製作:2015年 フランス、アメリカ
サロンシネマにて鑑賞。
おもしろかった。ヒッチコックトリュフォーそれぞれの監督作品は、見たことがある、という程度で取り立ててファンというわけではない。けど、ひとかどの映画監督が映画について語るというのはやはり刺激的なものだ。
こういう良質なドキュメンタリーを見てしまうと、映画沼にずぶずぶとはまってしまう危険にさらされてしまう。
★★★★★(星5つ)
Hitchcock/Truffaut

職場の飲み会

今の職場に入って一年。ひとり派遣の人が退場することになったので、送別会があった。
自分の会社の人たちだけで飲みに行ったことあったけど、職場全体の飲み会は初めて。
僕は端っこのほうで自分の会社の人たちとのんびり飲んでいたんだけど、ちょうど東京から来ていたお偉いさんに挨拶しといてください、みたいなこと言われていやいやながらビールを注ぎに行った。堅苦しい会社だな。

「ゾンビ・ナース」(2017年3本目)

監督:マイケル・ハースト
出演:クリスティーン・テイラークロエ・グレース・モレッツ
製作:2006年 アメリカ
DISCASで借りたDVDにて鑑賞。
チープなタイトルのせいでつまらなさそうと予感してたが、それほどひどくなかった。というか、まあまあ面白かった。でも、IMDbなどで見ると評価低いな、やっぱり。
★★★☆☆(星3つ)

ゾンビ・ナース [DVD]

ゾンビ・ナース [DVD]

「ターミネーター」(2017年5本目)

NHK-BSで録画しといたのを鑑賞。

「ゾンビ・トランスフュージョン」(2017年4本目)

監督:スティーヴン・C・ミラー
出演:ギャレット・ジョーンズ、ウィリアム・ハワード・ボウマン
製作:
DISCASで借りたDVDで鑑賞。
早々にゾンビが大量に発生して、高校生3人組が必死で逃げる、戦う、というお話だが、テンポがいいしがんばってるなーという感じはした。
ゾンビ発生の謎に迫りつつあるなか、まさかの「続く」には驚いた。
★★☆☆☆(星2つ)