「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(2018年64本目)

原題:Battle of the Sexes
監督:バレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン
出演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル
製作:2017年 アメリ
サロンシネマにて鑑賞。
女性テニス選手の地位向上を訴えるビリー・ジーン・キングと、男性至上主義のくそおやじシニアテニスプレーヤーが対決という構造ではあるけど、ビリー・ジーン・キングが女性好きで悩んでいたり、くそおやじもギャンブル癖持ちの目立ちたがり屋で奥さんに愛想を尽かされ、それでもそれぞれ試合に向けてやっていかなくてはならない、感情を揺さぶられる映画だった。
少しは良くなっているような気もするし、根本的には今も変わってないんじゃないかという気もする。
普段生活している分には、イキイキ楽しんでいる女性よりも私のようなおじさんのほうが肩身が狭いんじゃないかと思うことも多々あるけど。
★★★★☆(星4つ)

 

サロンシネマ

「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」(2018年63本目)

原題:Mission:Impossible - Fallout

監督:クリストファー・マッカリー

出演:トム・クルーズレベッカ・ファーガソンサイモン・ペッグヴィング・レイムスアレック・ボールドウィンショーン・ハリス

製作:2018年 アメリ

TOHOシネマズ緑井にて鑑賞。

トム・クルーズが撮影中に足首を骨折、などというニュースもあり、この人はいったいどこまで実際に演じているのだろう?などとつい余計なことを考えながら鑑賞。

いい歳して、無茶苦茶やるな、トム。

ブラントがいないのはさみしかったが、前作で輝いていたイルサ(レベッカ・ファーガソン)続投しているのはよかった。もう少し露出あればいいのに、と思ったことは否めないけど。

しかし、こういうアクションものの定番というのはいつになっても、落ちたら大変なことになる高いところギリギリとか、時限装置起動時間ギリギリとかなんだなあ。

★★★★★(星5つ)

 

ぐっすり寝て気分回復、「この世界の片隅に」舞台挨拶回チケット入手

昨日はくさくさとげとげした気持ちだったけど、ぐっすり寝たら今日は気分爽快。良質な睡眠て大事。

今日は何の映画を観に行こうかな、などと考えていてふと思い出したのだけど、8月6日に「この世界の片隅に」の舞台挨拶があり、そのチケット今日発売だったはず。

急いで八丁座に行ったら、まだ数枚残っていて無事入手できた。のんさん、どんなんかな。楽しみだな。

IMG_0380

暇すぎて早退、2018年59本目「犬ヶ島」

出勤してみたらSさんがお休みで、ただでさえ暇なのに多少仕事を振ってくれるSさんがお休みでは課長や他のメンバーから何か出て来ることも望めないと失望感に駆られ、10時で早退させてもらった。
せっかくなので、午後映画を観に出掛けた。
八丁座で「犬ヶ島」を観たが、ぜ~んぜん面白くなくてイライラしたし、長く感じられて苦痛だった。
4枚借りたTahiti 80のCD最後の1枚も聴いた。

 

ソングス・フロム・アウター・スペース

ソングス・フロム・アウター・スペース

 

 

今日聴いた音楽

引き続き、Tahiti 80ブーム真っただ中です。 

アクティヴィティー・センター

アクティヴィティー・センター

 

 

beでランチ、スーツケース購入

並木通りのお気に入りのレストラン「be」にランチしに出掛けた。
ランチの前に福屋に寄り、先日目をつけていたスーツケースを妻にも見てもらい、買うかどうか検討。結果、違うのにしようかということに固まりつつあるところで、予約の時間もあるので、一旦保留し「be」に移動。
3000円のランチコースをいただき、昼間っからビールやワインを飲み、すっかりいい気分。
しかしこのお店、3000円であんなに手の込んだ料理を出すなんて、大丈夫なんだろうかと心配になるが、私のように昼間っから飲んでる人も結構居るのでアルコール飲料でがっちり稼いでいるのかな。
再度福屋に行き、スーツケースを購入。
ゴロゴロ引きずって帰った。