インド出張2日目 - Business trip to Coimbatore, India Day 2

ホテルのカフェで、M部長と朝ごはん。

Lemon Tree Hotel 朝ごはん

M部長が頼んだ料理をおすそ分けしてくれた。

Lemon Tree Hotel 朝ごはん
M部長は何度かインドに来たことがあり、料理も詳しい。
車でH社インディアに向かう途中、車窓から眺めるインドが珍しくてiPhoneで撮影。

Coimbatore, India
昼ごはんは社食のランチ。

社食でランチ

H社からホテルへの帰路でも、車窓からiPhoneで写真を撮った。

Coimbatore, India

Coimbatore, India

晩ごはんは初めてホテルで食べた。朝と同じカフェで、同じようにビュッフェ形式。
M部長がビールをごちそうしてくれた。

Lemon Tree Hotel Coimbatore ディナー

出張前、インドで水道水を飲んじゃだめ、などとさんざん聞かされいちいち買わにゃいけんのんかい、と思ってたけど、ホテルも毎日ミネラルウォーターを補充してくれるし、心配無用だった。

Lemon Tree Hotel

ちなみにトイレとシャワーはこんな感じ。

Lemon Tree Hotel

トイレの向かって左手にあるのは、手で扱うシャワートイレです。最初は何かよくわからなかったけど、トイレ掃除する時にも便利。

インド出張初日 - Business trip to Coimbatore, India Day 1

インド1日目。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

とりあえず部屋の様子を撮ったり、廊下をうろうろしたりしてみる。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

朝ごはんはホテルのカフェで摂った。ビュッフェ・スタイルなので、特に問題なし。というか、初日で浮かれてちょっと食べ過ぎた。
ホテルの車に乗り込み、H社インディアへ。
大きい広い道路ってのがなくて、細い道をあっちへ曲がりこっちへ曲がりしながらようやく到着。近かったら、慣れたら運動がてら歩いて行き帰りできるかな、と思っていたが、無理だ。方向音痴の僕には無理だ。
今回の出張の目的は、教育受講。アメリカが仕様管理して、インドで保守・開発して、昨年春日本にも導入した生産管理システムの説明を受ける。
僕は単なる派遣だけど、社員で他に適当な人もいないし、嘘かほんとかアメリカ、インド側から僕に教育受講させるべしと強力なプッシュがあったとかなかったとか。(僕はそれを聞いてかなりいい気になったことは否めない)
まずは開発チーム10名ほどとご挨拶。ボスSさんは昨年1週間ほど来日した時に顔を合わせている。副ボスFさんは昨春に僕がH社に行き初めてから1ヶ月半ほど滞在していたのでよく知っている。SさんFさんとはしょっちゅうメールのやりとりもある。Aさんも昨年1ヶ月ほど来ていたので知っている。他はメールで多少やりとりしたことがある人もいるけど初対面。わくわく。
最初の一週間は会議室で講義とのことで移動。
時差や移動疲れもあるだろうけど、講義というのはやはり眠くなる。コーヒーサーバがあって、無料で飲めるのはとても助かる。日本でも導入してくれないかな。
昼ごはんは、中華やサンドイッチやマクドナルドなどの選択肢もあったけど、とりあえず社食を利用してみた。

H社の社食でランチ

午後の教育も終え、退社。

と思いきや、Sさん・Fさんがどこへやら連れて行ってくれるとのこと。

連れて行かれたのはProzon mallというショッピング・モール。来たばかりだし、特に僕は4週間滞在するので要るものもあるだろうと気を利かせてくれたようだが、逆に来たばかりで思いつかない。

折角なので少な目に持って来たパンツと、ホテルの部屋になかったティッシュペーパーと、日本へのお土産用に飴を買った。813ルピー。

Prozon mallのスーパーでお買い物

Prozon mallのスーパーで買ったもの

その後はフードコートに移動して晩ごはん。マクドナルドやピザもあるよ、と勧められたが、インドに来てまでマクドナルドやピザというのもなあ、と思いインドごはんをチョイス。

Prozon mall フードコート

Prozon mall フードコートで晩ごはん

ごはん代は払わせてくれなくて、ありがたくごちそうになった。

ホテルまで送ってもらい、部屋に入ると、そうじも行き届いていて、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

朝出しておいた洗濯もちゃんと戻って来てたし、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

快適に過ごせそうだな、とうれしくなった。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

M部長がシンガポールで買ってくれた行列が出来てたお店のポテトチップスを食べたりなどして過ごす、インドの夜。

シンガポールで人気のポテトチップス(たぶん)

 

Lemon Treeホテルチェックイン

着くまでが色々心配で、着いた後のことはほとんど意識していなかったが、やはり異国、入国に際して異様な雰囲気に緊張が高まったが特に問題もなく入国。
荷物を待って、空港にあった両替所で円をルピーに替えて、さてホテルのお迎えはちゃんと来とるんかいな、と思ったらちゃんと来てた。
そして驚いたことに、明日からお世話になるH社インディアの開発チームのボスSさんと副ボスFさんが夜遅いにも関わらず来てくれていた。ありがたいし、心強い。
とにかくホテルへ移動。
道中、初めてのインドの様子を車窓越しにしげしげと眺めていたが、暗くてよく見えないとはいえ、日本とは違う様子に異国感ありあり。
15分ほど走ってホテルに到着。
チェックインも無事にできて、色々説明されたところによると毎日5点までは洗濯無料とのこと。そりゃ助かる!
ロビーでSさん、Fさんと記念写真を撮ったりして、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

Sさんが差し入れのお菓子をくれたりして、夜も遅いし今夜はお別れし、やっと自分の部屋へ。
広くてきれいで一安心。
心配しているだろうから、とりあえず妻に「無事着いた」とLINEし、就寝。

インド、コインバトールに移動

4:00起床。
4:45家を出発。妻に車で広島駅まで送ってもらった。
5:00には到着。

DSC00018
僕は自由席なので並ばないといけないかな、などと思い、改札が開いてすぐに入場。
しばらく座ってようかと思ったが、始発だしもう乗れるかも、と思ってホームに上がったらやっぱり乗れた。
大荷物なので最後列の席を確保し、まずは一安心。

IMG_0405

同行のM部長代理にメールしたりした。ほどなくMさんやって来たがなぜか手ぶら。指定席を取ったらしい。
6:05出発進行。
混むのかどうなのか予測がつかなかったが、ガラガラ。
7:33博多到着。
タクシーで福岡空港に到着。
僕は海外に行くのも久しぶり(成都行って以来)だし、飛行機に乗るのもその時以来なので、一人だとまごまごしてしまいそうだが、Mさんがいっしょなので付いて行くだけ。
どうにか入場して、あとは時間が来たら乗るだけ、という状況になり、搭乗までの間にコーヒーとチョココロネで朝ごはん。
いよいよ搭乗時刻となり席へ着いた。M部長と機中ずっと隣同士なのかと思ってたけど、適当に離して予約してくれてた。助かる。気が利く。
機内ではやはり多少興奮状態なのか、朝早かったにも関わらず大して眠くなるわけでもなく、映画「レッド・スパロー」(2018年73本目)なぞ観たりしてリラックスして過ごすことができた。
現地時間15:30ごろ、シンガポール、Changi空港に到着。
ここで長い長い5時間もの待ち時間。Mさんとコーヒーショップに入ってコーヒーをごちそうになったり、

DSC00019

IMG_0406

シンガポールっぽいごはんを食べたり、

IMG_0407

トイレで洗顔、歯磨きしたりした。(もちろん個室でしたわけじゃない)

DSC00020

Mさんは元気で、広い広いChangi空港をうろうろしてらっしゃったが、僕は早起きの疲れが出て来てほとんどへたりこんでいた。
後で聞いたところでは、こういう長い待ち時間の人用に無料の映画館などもあるようなのだが、あとの祭り。
現地時刻20:15、ようやくインド、コインバトール行きの飛行機に乗り込み出発。福岡ーシンガポール便と違って座席も狭苦しくてしんどかった。
現地時刻22:00(日本時間だと翌日1:30)、ようやくコインバトールに到着。

IMG_0408

へとへと。
でも、無事に、ついに、来たぞインド。

インド出張前日

明日からいよいよ約一か月のインド出張。

インド入国カードを記入しておいたり、荷造りの最終チェックをしたり、離れて暮らす母に電話したりした。

本日発売の、10月に東京で上映の「2001年 宇宙の旅」のチケットを取れなかったのは痛恨だった。それを楽しみにつらいことがあったとしても頑張れると思っていたんだけど。

昼ごはんをキャナリーロウに食べに行って、大好きなバイキングで美味しそうなもの一通り食べた。

2018年8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1671
ナイス数:40

その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
読了日:08月19日 著者:ピエール ルメートル
サラリーマン2.0 週末だけで世界一周サラリーマン2.0 週末だけで世界一周感想
久しぶりにパスポートも取ったし、地方だから海外行きにくいとか言い訳はもうやめ。国内も含めて旅しよう。
読了日:08月14日 著者:東松 寛文
改訂版 インドのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)改訂版 インドのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)感想
出張で初めてインドに行くことになりそうなので、図書館で借りて来た。
読了日:08月11日 著者:関口 真理,中島 岳志,辻田 祐子,三輪 博樹,繁田 奈歩
キングダム 16 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 16 (ヤングジャンプコミックス)感想
図書館で借りた。 王騎の最期に涙。騰のファルファルファルっての好き。
読了日:08月11日 著者:原 泰久
繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇繰り返し読みたい日本の名詩一〇〇感想
枕元に置いて、寝る前に少しずつ読んだ。
読了日:08月01日 著者:彩図社文芸部
水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)感想
以前、北方三国志を読んだ時にも感じたけど、人物像が今まで読んでた水滸伝とは違って、より人間らしい。魯智深宋江も一味違う。特に武松はまだ名前しか登場してないけどずいぶんイメージが違ってて楽しみ。
読了日:08月01日 著者:北方 謙三

読書メーター