インド出張5日目 - Business trip to Coimbatore, India Day 5

5日目、ついに何だかお腹の調子がおかしい。
これは、インド料理のせいというより、2日目から3日連続でビールを(そして、昨日はワインまで)飲んでしまったためだろう。
日本でもこれだけ立て続けに飲んだら調子が悪くなる。
というわけで、朝ごはんも少な目。

Breakfast at Citrus cafe in Lemon tree hotel Coimbatore

朝、H社インディアで開発チームの席に行った時、昨日教わっておいた現地語であいさつしてみた。
「Vanakam」。
そしたら、みなさんも合掌して返事してくれた。そうか、合掌も込みでやらないといけないんだな。
お腹の調子が悪いこともあり、少々きつかったが、今日も社食でランチ。

Lunch

そして、この日はM部長代理が帰国する日。
来たら来たで現地で色々打ち合わせとかあるのかと思っていたけど、ほぼ僕に同席して教育の場にいてくれたので、ほんとに僕を連れて来てくれただけなんだなあ、と感謝に堪えない。
おかげ様でこの先一人でもどうにかやっていけそうな気がする。ただ、一人での帰国がとても不安なので、帰ってから注意事項を教えてくださいというお願いはさせていただいた。
ホテルにはM部長代理といっしょに帰り、M部長は夜の便で帰国、僕はなぜかコインバトール日本人会の集まりに行くことになったので、着替えて再び昨日も行ったResidencyホテルにお出かけ。
お腹の調子も悪いし、ホテルで休みたい気もしたけど、インドに居る間はまあ色々行っとこかい、と気を取り直した。
会場は小さなパーティルームみたいなところで、主催と思われる日本人お二方がいそいそと食べるものを準備していた。
初めまして、とか、何かお手伝いしましょうか、とか言ったけど、座って飲んでてください、と言われ、お腹の調子が悪いところにまたビール。
他の人に、この辺でドトールスターバックスみたいなコーヒー飲めるところはないでしょうか、ない、などと情報収集したりした。
コインバトールやチェンナイに赴任している人や赴任したばかりの人たちの情報交換はもっとディープでどこの店で何が買えるとか、僕にはさっぱりついて行けなかった。
そして、会話にもついていけず、お腹の調子も悪く、酔っ払ってしまって、雰囲気に乗れず沈没状態。とほほ。やっぱりホテルで休んでいればよかった。
フィリピンで日本料理を習ったというインド人シェフの握るお寿司や、主催の方が作ってくれたおでんを黙々といただいた。
会費900ルピー。

コインバトール日本人会

インド出張4日目 - Business trip to Coimbatore, India Day 4

4日目ともなるとホテルでのルーチンも確立して来た。
初めのうちは洗濯を、係の人を電話で呼んだりしていたのだけど(Laundry, please)、出掛ける際に部屋に置いておくようになった。

Lemon tree hotel Coimbatore
飽きもせず、昼ごはんは社食のランチ。

IMG_0462

トイレにある気になっていた注意書きも撮影。

IMG_0463

H社インディアからホテルへの帰り道。

Coimbatore, India

一旦、ホテルに帰って、M部長とホテル近所の空き地にいるクジャクを見たりして

Coimbatore, India

再度出かけ、Residencyホテルに行った。
役職は忘れたけどかなりのお偉いさんPSさん、システム部門の両巨頭SさんとFさん、M部長と僕とで、Afgan Grillというレストランでディナー。

Afgan grill in Residency

Afgan grill in Residency

ビールとアフガニスタン料理。
Fさんが、僕が英語で書いて来るメールは分かりやすい、とM部長に言っていた。たしかに他に人の英語メールは結構ダメダメ。
また、僕も酔ってしまって、PSさん、Sさん、Fさん相手にインド生活数日で感じた疑問を尋ねたりして、楽しい会食だった。
途中、厨房を見に行ったり、

Afgan grill in Residency

ここまではお客から見えるようになっているからいいのだが、何とPSさん、日本から来たお客だから中に入れてくれと交渉したらしく、中に入らせてくれた。
髪が落ちないようにこんなのをかぶって

Afgan grill in Residency

中を見物した。
地下にあるホテルのバーに移動して、ワインを飲んだ。
インドワインとのことだったが、美味しかった。

インド出張3日目 - Business trip to Coimbatore, India Day 3

ホテルと会社の行き帰りはクルマ移動だが、こわい。
大きくても往復1車線ずつの道路なのだが、インドのドライバーはとても追い越し意欲が旺盛で、とにかく追い越したがる。クラクションも鳴らしっぱなし。こっちの追い越しと、あっちの追い越しがいいタイミングだと、正面衝突寸前の恐怖を味わうことになる。
バイクもたくさん走ってて、ノーヘルは当たり前で2人乗り、3人乗りも珍しくないし、もちろん歩行者もいるし、いつ事故に遭遇するかと気が気じゃなくて疲れる。
それはともかく、インドに来て以来魅せられているインド女性のサリー姿写真が撮れた。勝手に撮ってブログに載せてごめんなさい。

Coimbatore, India

今日も社食で昼ごはん。

Coimbatore, India

昼ごはんの後、Fさんが社食に置いてある自動販売機でバナナチップを買ってくれた。
晩は、日本から赴任しているN社長とUさん、M部長と僕とで食事に行くため街の何とかいうホテルに向かった。

Coimbatore, India

Coimbatore, India

中華料理とビール。
食事中いろんな話を聞いたが、やはり赴任となると相当大変みたいだ。M部長と僕が社食でインド料理ランチを食べているのも信じられない思いなのだそうだ。ま、僕は長いと言っても1ヶ月弱の出張なので気楽なもの。
だけど、Uさんにインドにいるヘビの話を聞いて、ホテル回りの草むらにも居るんじゃないかなどと考えると気分が悪くなった。
最後、インドデザートをいただいた。

Coimbatore, India

インド出張2日目 - Business trip to Coimbatore, India Day 2

ホテルのカフェで、M部長と朝ごはん。

Lemon Tree Hotel 朝ごはん

M部長が頼んだ料理をおすそ分けしてくれた。

Lemon Tree Hotel 朝ごはん
M部長は何度かインドに来たことがあり、料理も詳しい。
車でH社インディアに向かう途中、車窓から眺めるインドが珍しくてiPhoneで撮影。

Coimbatore, India
昼ごはんは社食のランチ。

社食でランチ

H社からホテルへの帰路でも、車窓からiPhoneで写真を撮った。

Coimbatore, India

Coimbatore, India

晩ごはんは初めてホテルで食べた。朝と同じカフェで、同じようにビュッフェ形式。
M部長がビールをごちそうしてくれた。

Lemon Tree Hotel Coimbatore ディナー

出張前、インドで水道水を飲んじゃだめ、などとさんざん聞かされいちいち買わにゃいけんのんかい、と思ってたけど、ホテルも毎日ミネラルウォーターを補充してくれるし、心配無用だった。

Lemon Tree Hotel

ちなみにトイレとシャワーはこんな感じ。

Lemon Tree Hotel

トイレの向かって左手にあるのは、手で扱うシャワートイレです。最初は何かよくわからなかったけど、トイレ掃除する時にも便利。

インド出張初日 - Business trip to Coimbatore, India Day 1

インド1日目。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

とりあえず部屋の様子を撮ったり、廊下をうろうろしたりしてみる。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

朝ごはんはホテルのカフェで摂った。ビュッフェ・スタイルなので、特に問題なし。というか、初日で浮かれてちょっと食べ過ぎた。
ホテルの車に乗り込み、H社インディアへ。
大きい広い道路ってのがなくて、細い道をあっちへ曲がりこっちへ曲がりしながらようやく到着。近かったら、慣れたら運動がてら歩いて行き帰りできるかな、と思っていたが、無理だ。方向音痴の僕には無理だ。
今回の出張の目的は、教育受講。アメリカが仕様管理して、インドで保守・開発して、昨年春日本にも導入した生産管理システムの説明を受ける。
僕は単なる派遣だけど、社員で他に適当な人もいないし、嘘かほんとかアメリカ、インド側から僕に教育受講させるべしと強力なプッシュがあったとかなかったとか。(僕はそれを聞いてかなりいい気になったことは否めない)
まずは開発チーム10名ほどとご挨拶。ボスSさんは昨年1週間ほど来日した時に顔を合わせている。副ボスFさんは昨春に僕がH社に行き初めてから1ヶ月半ほど滞在していたのでよく知っている。SさんFさんとはしょっちゅうメールのやりとりもある。Aさんも昨年1ヶ月ほど来ていたので知っている。他はメールで多少やりとりしたことがある人もいるけど初対面。わくわく。
最初の一週間は会議室で講義とのことで移動。
時差や移動疲れもあるだろうけど、講義というのはやはり眠くなる。コーヒーサーバがあって、無料で飲めるのはとても助かる。日本でも導入してくれないかな。
昼ごはんは、中華やサンドイッチやマクドナルドなどの選択肢もあったけど、とりあえず社食を利用してみた。

H社の社食でランチ

午後の教育も終え、退社。

と思いきや、Sさん・Fさんがどこへやら連れて行ってくれるとのこと。

連れて行かれたのはProzon mallというショッピング・モール。来たばかりだし、特に僕は4週間滞在するので要るものもあるだろうと気を利かせてくれたようだが、逆に来たばかりで思いつかない。

折角なので少な目に持って来たパンツと、ホテルの部屋になかったティッシュペーパーと、日本へのお土産用に飴を買った。813ルピー。

Prozon mallのスーパーでお買い物

Prozon mallのスーパーで買ったもの

その後はフードコートに移動して晩ごはん。マクドナルドやピザもあるよ、と勧められたが、インドに来てまでマクドナルドやピザというのもなあ、と思いインドごはんをチョイス。

Prozon mall フードコート

Prozon mall フードコートで晩ごはん

ごはん代は払わせてくれなくて、ありがたくごちそうになった。

ホテルまで送ってもらい、部屋に入ると、そうじも行き届いていて、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

朝出しておいた洗濯もちゃんと戻って来てたし、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

快適に過ごせそうだな、とうれしくなった。

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

M部長がシンガポールで買ってくれた行列が出来てたお店のポテトチップスを食べたりなどして過ごす、インドの夜。

シンガポールで人気のポテトチップス(たぶん)

 

Lemon Treeホテルチェックイン

着くまでが色々心配で、着いた後のことはほとんど意識していなかったが、やはり異国、入国に際して異様な雰囲気に緊張が高まったが特に問題もなく入国。
荷物を待って、空港にあった両替所で円をルピーに替えて、さてホテルのお迎えはちゃんと来とるんかいな、と思ったらちゃんと来てた。
そして驚いたことに、明日からお世話になるH社インディアの開発チームのボスSさんと副ボスFさんが夜遅いにも関わらず来てくれていた。ありがたいし、心強い。
とにかくホテルへ移動。
道中、初めてのインドの様子を車窓越しにしげしげと眺めていたが、暗くてよく見えないとはいえ、日本とは違う様子に異国感ありあり。
15分ほど走ってホテルに到着。
チェックインも無事にできて、色々説明されたところによると毎日5点までは洗濯無料とのこと。そりゃ助かる!
ロビーでSさん、Fさんと記念写真を撮ったりして、

Lemon Tree Hotel, Coimbatore

Sさんが差し入れのお菓子をくれたりして、夜も遅いし今夜はお別れし、やっと自分の部屋へ。
広くてきれいで一安心。
心配しているだろうから、とりあえず妻に「無事着いた」とLINEし、就寝。

インド、コインバトールに移動

4:00起床。
4:45家を出発。妻に車で広島駅まで送ってもらった。
5:00には到着。

DSC00018
僕は自由席なので並ばないといけないかな、などと思い、改札が開いてすぐに入場。
しばらく座ってようかと思ったが、始発だしもう乗れるかも、と思ってホームに上がったらやっぱり乗れた。
大荷物なので最後列の席を確保し、まずは一安心。

IMG_0405

同行のM部長代理にメールしたりした。ほどなくMさんやって来たがなぜか手ぶら。指定席を取ったらしい。
6:05出発進行。
混むのかどうなのか予測がつかなかったが、ガラガラ。
7:33博多到着。
タクシーで福岡空港に到着。
僕は海外に行くのも久しぶり(成都行って以来)だし、飛行機に乗るのもその時以来なので、一人だとまごまごしてしまいそうだが、Mさんがいっしょなので付いて行くだけ。
どうにか入場して、あとは時間が来たら乗るだけ、という状況になり、搭乗までの間にコーヒーとチョココロネで朝ごはん。
いよいよ搭乗時刻となり席へ着いた。M部長と機中ずっと隣同士なのかと思ってたけど、適当に離して予約してくれてた。助かる。気が利く。
機内ではやはり多少興奮状態なのか、朝早かったにも関わらず大して眠くなるわけでもなく、映画「レッド・スパロー」(2018年73本目)なぞ観たりしてリラックスして過ごすことができた。
現地時間15:30ごろ、シンガポール、Changi空港に到着。
ここで長い長い5時間もの待ち時間。Mさんとコーヒーショップに入ってコーヒーをごちそうになったり、

DSC00019

IMG_0406

シンガポールっぽいごはんを食べたり、

IMG_0407

トイレで洗顔、歯磨きしたりした。(もちろん個室でしたわけじゃない)

DSC00020

Mさんは元気で、広い広いChangi空港をうろうろしてらっしゃったが、僕は早起きの疲れが出て来てほとんどへたりこんでいた。
後で聞いたところでは、こういう長い待ち時間の人用に無料の映画館などもあるようなのだが、あとの祭り。
現地時刻20:15、ようやくインド、コインバトール行きの飛行機に乗り込み出発。福岡ーシンガポール便と違って座席も狭苦しくてしんどかった。
現地時刻22:00(日本時間だと翌日1:30)、ようやくコインバトールに到着。

IMG_0408

へとへと。
でも、無事に、ついに、来たぞインド。